ennui hack

夜更かしと朝寝坊、あたたかいカフェラテ、心にしみる映画が好き

『水曜日が消えた』を観て私の消えない水曜日を想う(ネタバレあり)

明日も目が覚めたら自分でいられるって、私たちはどうしてこんなに無邪気に信じていられるんだろう。月曜日から日曜日まで1週間分の「僕」がいる主人公の生活は、ほのぼのしつつも切なかった。

続きを読む

『2つの人生が教えてくれること』=自分を肯定できるように生きること(ネタバレあり)

自分の人生にセーブポイントがあって、もしその先が上手くいかなくてもまたその場所まで戻ってきて人生をやり直せたら...って、きっと誰もが1度は思ったことあるよね。1人の女性が予想外の妊娠をしていた人生と、していなかった人生、その2つを並行して描いているこの映画は、私たちに決定的なある事実を教えてくれている。

続きを読む

『雨に消えた向日葵』は想像以上に繊細な人間ドラマだった(ネタバレあり)

ムロツヨシって味のある俳優さんだよねぇ。前から思っていたけど、今回の作品で改めてそう思った。刑事としての硬派で厳しい眼差し、男性の同僚を相手にするときのちょっと粗野な振る舞い、それに対して妹の真由子(平岩紙)に話しかける声の優しすぎる響きに胸をギュッとつかまれる。

確かに事件が起きるドラマではあるんだけど、事件そのものではなくそれを取り巻く人間の心模様を繊細に描いているドラマだと感じた。

続きを読む

私が『総理の夫』で描いてほしかった働き方の選択肢(ネタバレあり)

清く美しい中谷美紀を愛でる。その目的は十分に果たしてくれた映画『総理の夫』だけど、結局女性が妊娠出産しつつ仕事をこなすことへの難しさは残ったままだよなぁ~とぼんやり思ったり。

そこに対して明確な回答は得られずとも、何か取っかかりを提示してくれる映画なのかと思っていたので、その点は肩透かしを食らいました。

続きを読む

『ホテルローヤル』で誰かに大切にされていたあの頃を思い出す(ネタバレあり)

ちょっと期待しすぎちゃったかな。1番良かったのは、終盤どんどん過去のアルバムがめくられていくような流れの中で、満を持して登場する主題歌『白いページの中に』。あの圧倒的なノスタルジーの中に包まれたらどんな映像もエモくなる。

きっと誰もが心の中にそっと抱いている「あの頃」を描きたかった映画なのかな。制作陣の意図はなんとなく伝わるけど、何にせよ核心に触れないまま終わってしまったなぁという不完全燃焼な気持ちが残った。

続きを読む

映画『日日是好日』で光る、日々への愛と世武裕子の音楽(ネタバレあり)

「お天気が良い・悪い」って、よくよく考えると不思議な表現だ。晴れが良くて雨が悪いって、ずいぶん偏ったジャッジじゃない?

この映画のタイトル『日日是好日』は、直訳すると「毎日が良い日」という意味になるそうだけど、私たちの過ごす毎日には、本来良い日もあれば悪い日もある。ただ、これこそ個人の都合で、「日」そのものにはきっと良いも悪いもない。私たちの細々とした感情とは別のレイヤーで、日々を慈しむ気持ちを思い出させてくれる――そんな心のお洗濯ができる映画だった。

続きを読む

『人間失格 太宰治と3人の女たち』の中で自分はどの女なのか考えてみる(ネタバレあり)

映画として流し見するのはもったいないくらい、ハッとする構図の美しさ。1枚1枚丁寧に切り取ってポストカードの中に閉じ込めておきたくなるような、計算され尽くした世界観。その一瞬の凄みの積み重ねが、とても豪奢な映画だった。

そんな映像美とは対照的に、ストーリーはあまり美しくないように感じたけれど、それは私の好みの問題かなぁ。

続きを読む